とある団地に住む主婦のブログです。
思い立って麗江2


武漢での小休憩を経て、麗江の空港に着いたのは13時半頃だったか(記憶だけを頼りに記す)。久しぶりの地方空港だからとても小さな空港に感じる。Kにとっては尚更そう感じるようで、着陸する際に無舗装の、土が丸見えになっている敷地を見ながら「これは空港じゃないんじゃない?」と言っていた。

タラップを降りてバスに乗り、空港構内に入る。この時点でもう標高2400mはあるはず。Kには機内にいる時から、麗江では慣れるまでは走ったり暴れたりしちゃダメ、(気持ち悪くて)おえってなるからと言い聞かせていた。ハイヤーごっこもダメだよと。その代り、チョコレートが効くらしいから小さいチョコレートを時々あげようと。

それでも、長旅で体がなまっているKだったから、まあそれなりにちょこまか動く。あんまり暴れちゃだめよと言いつつ、様子を見て時々袋入りの小さな明治チョコをあげた。虫歯リスクより高地順応優先。

荷物を取ってタクシー乗り場に。客引きが多かったが普通に並んで乗った。女性ドライバーの運転。観光地に来るとたいていどこもそうだが、彼女も同様で今日明日以降のスケジュールを聞き、自分の車をチャーターしないかと誘ってくる。大変におしゃべりではあるが、誘いはそれほど強引な感じではない。

名刺を渡されたSさんが、あああなたは納西族(ナシ族)なんですねと言う。それでなのか訛りがとても強い。「車がいるかいらないかに関係なく、麗江に住むナシ族の一人として、麗江を十分楽しんで行って欲しいと思ってる」なんてことを言う。

ホテルがあり、観光地である麗江古城方面へは空港から1時間足らずで着く。途中まっすぐ伸びた道の向こうに、写真で見ていたあの玉龍雪山が見える。あれだよ龍の山が見えてるよとKと喜ぶ。5000m級のその山は、飛んできた飛行機内からでもその存在を遠くに認められるほど大きい。機内ではえっ、あの雲の向こうに突き出てみえる動かない白い三角ってもしや、あの山!?と驚いた。

事前の予報通りで天気は快晴。気温は暖かい。上海からの荷物でキルトジャケットを外に、中にセーターを着こんでいた私にはかなり暑く感じられた。15℃以上はあったろうと思う。

鼻たれ気味のKを見て運転手のおばちゃんが言う。他所から来た子供がここで鼻水を出すとすぐに「高地反応だ」と皆大騒ぎするんだけどそれは高地と関係ない。単に一日の気温変動が激しいからね、ここにいる間はよく水を飲ませてやって、着るものをこまめに調整してやりなさい。それとね、朝はとても寒いし太陽が出てくるまで時間がかかるから、早朝から観光地に行こうと考えないこと。朝はゆっくり朝食をとって、とにかくスローペースでね。

それと、と私の方を見やり、紫外線が強いから日焼け止めを塗らないとすぐ顔が赤くなるよとアドバイス。ありがとうおばちゃん!日焼け止め、ばっちりもってきたよ。

古城すぐそばのホテルに着く。実は麗江古城内にはレトロな外観のゲストハウスがひしめきあっていて、外国人も泊まれ、安いのだが、今回はSさんの要望によりインターコンチネンタルに宿をとった。有名外資のホテルだと高いだろうなと思ったが、麗江にある5ツ星ホテルの中ではお得なほう(というか一番安い)なのだそう。しかも立地条件が大変良く、古城の散策目当てで麗江にやってきた自分たちにはぴったり。

しかし予想以上にホテルが立派。上の写真はホテルのロビー入ってすぐに拝める借景のあるラウンジ。何の曇りもなく向こう側に雪山がそびえ立つ。手前にはコテージ風に仕立てられたホテルの部屋が並んでいる。どのコテージも、麗江古城の景観を乱さないようにスタイルが整えられ、また適度な劣化処理がされているのだった。

チェックインを済ませ部屋に荷物を置く。まずは麦茶セット(持ってきたポットにお湯と水で麦茶パックを煮出し飲むものを確保)を2リットル分作り、少しだけ休憩してから街に出ることにした。Kの体調に変化なし。私は、気のせいか少しだけ頭に圧迫感をもう感じていた。ゆっくり動く、呼吸を深く。水分を良くとる。


ホテル敷地内の様子。
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

| prev | top | next |
| 511 | 510 | 509 | 508 | 507 | 506 | 505 | 504 | 502 | 501 | 500 |
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
プロフィール
HN:
naoko
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
最新コメント
[07/10 naoko]
[07/10 kawabata]
[07/10 kawabata]
[06/14 naoko]
[06/08 チャイナミ]
つづくかな・・・
    /  Design by Lenny