とある団地に住む主婦のブログです。
山の麓のホテルで


北海道旅行記に戻る。5日目の夕方、ニングルテラスを後にし富良野から旭川市へ北上した。

旭川滞在中に泊まったのは、日本100名山の一つ大雪山の主峰、旭岳の麓にあるホテル。登山客用のロープウェイ乗り場からすぐの場所にある山小屋風のホテルである。ドーミ―イン系列なので判で押したような雰囲気というか、いい意味でも悪い意味でもあくがない。サービスは細やかで、清潔、そして温泉がある。

Sさんは風呂好きなので、日本出張中はいつも風呂が充実しているドーミ―インのビジネスホテルに泊まりたがるのだが、今回こちらに泊まった際に「温泉のシャンプーの匂いがドーミ―インで出張を思い出すからつらい」と言っていておかしかった。

嬉しかったのは部屋に「ハンドドリップ珈琲セット」があったこと。豆と手動式のミル、ドリッパーなど一式が揃っている。Kが「とんとんとちっちゃんにおれがコーヒーをつくってあげる」と言い、ゴリゴリ豆をひくところからやってくれた。

チェックイン後、Kが淹れてくれた珈琲を飲み、夕風呂に入った。気温は涼しいを通り越して露天風呂など少し肌寒さを感じるくらい。部屋にもエアコンがついていない。かわりにおしゃれげな扇風機が置いてあった。

食事はホテル内でとり、夜はもう一度温泉へ入った。夕方には私がKと入ったから、夜はKをSさんに預ける。ゆっくり一人風呂に入った後、部屋に戻るとKが待ち構えたように「じゃじゃーん、ちっちゃんにびっくりプレゼントがありまーす」と言った。

何ですかと思ったら、私がいない間にフロントでプラネタリウムの機械を借りてきたのだと言う。そんなのがあったとは。ベッドに寝転がるよう言われ、その通りにすると電気が消され、天井の白い壁にうっすらと星空風の光が瞬いた。ちっちゃん嬉し~い?すごいでしょー!とKが得意げに言う。

その後歯を磨くためにまた電気をつけて、Kが寝る時にまたプラネタリウムをつけた。空模様がもう一つで天然の、満点星は今回見られなかったけれど、部屋でプラネタリウムというのも悪くない。眠くなったらすぐ寝れる。今はどこに行ってもあるから風情はないけれど、私もSさんも同感の「安定のドーミ―イン」、お世話になりました。
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

| prev | top | next |
| 469 | 468 | 467 | 466 | 465 | 464 | 463 | 462 | 461 | 460 | 459 |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
naoko
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
最新コメント
[08/13 シャネル サングラス]
[07/10 naoko]
[07/10 kawabata]
[07/10 kawabata]
[06/14 naoko]
つづくかな・・・
    /  Design by Lenny