とある団地に住む主婦のブログです。
あさがおその後


7月下旬、10日間の家人不在を無事乗り切った我が家のベランダ朝顔1号、2号。その後の記録です。


1号のほうは順調に蕾みをつけ8月初旬、私とKが帰国する前までには何度かその花を咲かせたようだった。ようだ、というのは実は朝6時(決して遅くはない時間だと思うのだけど)に起きてすぐ見に行くともう花がしぼんでしまっているのである。

その頃の上海と言えば連日最高気温が38℃を超す猛暑日。最低気温でさえ30度を下回らない日が続いていたので、早朝でも暑すぎてうまく花が咲かせられなかったのかもしれない。

そして、8月4日から約2週間、朝顔の世話をSさんにお任せして私とKが一時帰国する。幸いその間Sさんに泊りの出張は発生しなかったが、一日二度水を遣るのは難しかったようで朝だけしてくれていたらしい。途中電話で話をした時に「あなたたちが日本に帰ってからいちども蕾をつけないよ」とSさんは言った。

それから、つるが勢いよく伸びてジャングルのようになり、二つの植木鉢から出てきたお互いのつる同士が絡まり、ついには引っ張り合って植木鉢ごとベランダで倒れてしまったと言う。帰宅してその状態になった朝顔を発見したSさんは、鉢を元に戻し、こぼれた土をすくって中に入れ、鉢同士を少し離した状態にしてまた倒れることがないよう支柱をベランダの柵に紐でくくりつけたそうだ。お疲れさまである。

まあそんなわけで、私とKが帰ってきた時に見た朝顔はベランダで大きな緑のもじゃもじゃとなっていて、一応元気に育っていた。一度こぼれてしまった土は、ずいぶんと少なくなっていた。植木鉢の土の表面には白い根が見えてしまっており、まるでとろろ昆布のように細かい網み目を作っている。

また、帰国前、私が手作業で誘引していたつるは不在中、自分の好きなように巻き付くことが許されたようで、良く言えば自由に、悪く言えば見るからに無節操な具合であっちこっちに巻き付いていた。

17日にKと上海に戻ってきてから1週間。朝夕の水遣りに、Sさんが「そこまで手が回らなかった」と言っていたリンを含む栄養剤を足しつつ様子を見る。すると外が涼しくなったのも手伝ったか、朝顔1号、2号共にどんどん小さな蕾をつけていき、24日には初めて鉢に一つずつ藤色の花を咲かせた。(上の写真)

翌25日の今朝には、両方の朝顔ともたくさんの花がしっかり咲いているのを確認。Kと喜ぶ。藤色の花が全部で10個ほど、もうすぐ咲きそうな蕾の中には赤紫色の花もあった。

昨日KとiPhoneで「朝顔 色水」で画像検索し、色水遊びをしたいね~、するならお花がいっぱい咲いてないと無理そうだなあなんて話していたのだが、この調子なら家でもできそう。だけどその工程を説明したときKは「おはながかわいそう」と言っていたので、このまま観賞用で終わるかも。どちらにせよ、ちゃんと咲いて良かった。母は植物を育てるのが不得意なのだよ、だから心からホッとました。
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

| prev | top | next |
| 468 | 467 | 466 | 465 | 464 | 463 | 462 | 461 | 460 | 459 | 458 |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
naoko
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
最新コメント
[10/10 腕時計 コピー]
[08/13 シャネル サングラス]
[07/10 naoko]
[07/10 kawabata]
[07/10 kawabata]
つづくかな・・・
    /  Design by Lenny