とある団地に住む主婦のブログです。
国慶節は上海で


秋の大型連休が始まった。連休初日の30日、一般的なスケジュールよりも一日前倒しでSさんのお休みが始まった我が家。Kはプレスクールへ。朝夕のバス乗車、下車の際、お願いしてSさんにも来てもらった。Kがいつもどんな顔をしてバスに乗り、どんな顔で帰ってくるか見てもらう。朝は大泣き、夕は目をまんまるにしてハーイと挨拶してから首にぎゅーっとしがみついてくる。


Kが託児に行っている間、某幼稚園へ見学しに行く。自宅からやや遠く、登園バスの時間が気になったがそれほど早くなくて良かった。年々少の間は場合によっては週3回通園を選ぶこともできそう。施設や園の雰囲気なども気に入る。我が家の幼稚園見学はあと残り二つほど見てまわれば、とりあえずおしまいというところ。

託児所もそうだけど、良いなと思う幼稚園のポイントみたいなものがあちこち見た結果、はっきりしてきた。人にはいろいろな価値観があるから、絶対にこれがすばらしい!というのではないけれど。まず、幼稚園を検討し始めた当初私たちが考え込んだ、言語的にどんな環境にすべきかということは、今となっては副次的な問題にすぎない。(Kがもう少し年齢が上だったら重要だったかもしれないけれど)

それよりも、3歳前から通うのに無理はないかとか(体力的に。通園時間や昼寝時間の設定有無、昼食内容など)、園内施設の整頓の様子(細かいところに、園児を大切にできるかどうかの余裕が表れている気がする・・・)、経営面での安定感(つぶれそうなところあります。或いは急成長していて園舎が移転しそうなところとか、教職員の離職率が高いなど、入園後園の事情に振り回されそうな場所は避けたい)、それに保護者が園行事に係わる必要がどの程度かとか、応対する人の柔軟性、そんなところを注目してみるようになった。

幼稚園見学後、Sさんと久しぶりにうなぎ屋へ。ひつまぶしと肝焼き、出し巻き明太を食べた。時間を気にすることなく、ゆっくり食べられて心の底からおいしいと思った。Kといっしょでもゆっくり外食を楽しめるようになるには後どれくらいかかるんだろう。私もSさんも外食は好きなほうだから、早くそんな日が来たら良いのになあと思う。食べ盛り男子を連れていたらお金はたくさんかかるだろうけど。

昼食後、パン屋に移動し食パンを買い溜めしたあと、思いついて近くの彫刻公園へ。春にKとよく来た場所。彫刻公園の中にあるカフェにはいって二人でヘーゼルナッツラテを注文する。Sさんは私がヘーゼルナッツを注文するといつも真似する!テラスで一服してからうちに帰った。Kが帰ってくるまでSさんは昼寝をし、私もごろごろする。平和だ。平和で気が抜けたデートだ。

15時半、ハイテンションのKが帰って来た。連絡帳を見るとお昼寝できなかったらしい。ベッドに連れて行ったり、ベビーカーに乗せて近所を歩いたりしてみたけれど、結局この日のKは昼寝しなかった。今夜は夜泣きが大変そうだとSさんと覚悟したが、20時、コテンと寝たあとは朝までぐっすり。そんな連休初日。

写真は連休2日目の公園散歩。蚊に刺された。まだいるのか!
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

| prev | top | next |
| 261 | 260 | 259 | 258 | 257 | 256 | 255 | 254 | 253 | 251 | 250 |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
プロフィール
HN:
naoko
性別:
女性
ブログ内検索
カウンター
最新コメント
[04/21 チャイナミ]
[02/13 naoko]
[02/09 kawabata totitotitotio]
[02/06 naoko]
[02/05 とり子]
つづくかな・・・
    /  Design by Lenny